魂が目覚める暮らし

毎朝望みを書いていると気づくことがある

わたしは美しくあるために毎朝2時間ほど
自分だけの時間を必ずとっています。

 

朝は子供達も眠っているし
体も疲れていないし
気分もいいことが多いからね

 

何より、自分が優先してやりたいことを
起きて必ず取れるって
とっても幸せな事です

 

この時間にやる事は
だいたい決まっているのですが

 

ノートタイムがとっても多いです
ノートタイムの中で最近毎日取り組んでいるものの一つに
『望みを書く』事があります

 

ノートを開いたら
望みを思い浮かんだそのままに書いていくのです
頭をあまり使わずに
書いていくのはとっても面白くて

 

え?なんでそれ出てきた?
みたいなものが出てきます笑

 

そして
自分はまだこれ欲しいんだ〜とか
我慢本当はしてるのでは?
と気づく手がかりになる事もあります

ただ浮かんだままにするやり方の他に

どんな感情を感じたいか?
どんな自分でありたいか(BE)

そのためにどんな事、もの、思考を持つのか(HAVE)

そのためにどんな行動をするのか(DO)

 

を書くと自分のありたい姿から下に下げていく方法なので
今の気分に左右されずに
こんな感覚を大事にしたいな♩
という気持ちから

一貫性を持って
今日自分がする行動を出す事ができます

毎日出てくる事が
自分が今意識を向けているところです

 

意識を向けている事が
現実になる
から
とっても大事な
ノートタイムだよ〜

 

そしてこれを始めてから
本当に望んだ事はすぐに叶うように
サインがきていたり、お試しがきている事が
わかるようになりました

今まで、願ったら叶うと言ってきましたが
現実になる第1歩は必ず与えられているんだなと思います

 

自分が現実をつくっているという意識が
自分の人生を自由自在に進めていく
第一歩です

 

この考えの確信度が上がると
また自分を扱いやすくなります

 

わたしがわたしの人生つくってた
今の現実は過去に願った事と思えたら
気に入らないなら
修正していけばいいもんね!

 

今の意識から考えるのと
どうありたいか?から考えて出していくのとでは
今日の行動が変わるから
この時間はとっても大切にしているよ